性交痛が奥の方である・・・その原因と対策法!

性交痛が最近気になる・・・

そんな人は、まずはどの辺りが痛いかを考えてみて下さい。

入り口付近

奥の方

このどちらかによって考えられる症状が違います。

この記事では、奥の方に痛みがあるケースについて書いています。

⇒性交痛が入り口にある場合は?性病の可能性が・・・

性交痛が奥にあるケースはこんな病気の可能性が?

性交痛が奥にある場合、考えられるのが、子宮内膜症や子宮や子宮頸部の感染症、腫瘍が出来ているなど聞くだけでも恐い響きのする病気の可能性があります・・・

どちらにしても痛みが続くようであれば病院に行きましょう!!

と言いたいのですが、予備知識としてこういう可能性があるんだよ?っていうのを確認してみて下さい。

 

1、子宮内膜症

子宮内膜症というのは、内膜が普通であれば子宮内に出来るのですが、それ以外の場所で出来てしまう症状のことです。

生理の時にこの内膜も一緒になってはがれて出ていくのですが、子宮以外の場所で内膜が出来てしまうとこれが上手く出てこなくなっています・・・

その内膜の残骸が他の臓器に癒着したりすることで、性交痛だったり、生理痛がひどくなります。

子宮内膜症は人によって痛みの程度や進行も違って、もっといえばほっておいても妊娠して楽になる人もいるし、病院で何かしらの処置が必要なケースもあるので、

病院に行きましょう!!

の一言です。

あと、子宮後屈の人も、子宮内膜症が原因のケースが多いので、コチラも参考にしてみて下さい!

⇒子宮後屈って何?不妊の原因になる?

 

2、子宮、子宮頸部の感染症

細菌が膣内に入っていき、それらが奥にまで入ってしまうことで奥の方が痛くなることがあります。

入り口付近であれば性病の可能性が高いので、自分でチェックしてみるのもありですが、奥の方だと1のケースや他の深刻な病気も考えられるので自己チェックはおすすめしません・・・

 

3、骨盤内に腫瘍が?

骨盤内に腫瘍が出来ている場合も奥に性交痛があります。

悪性の場合もあるのでやっぱり病院に行くことが一番です。

 

4、どれにもあてはまらない場合は?

上の3つに当てはまらない場合でいえば、他には痔であっても痛いし、過敏性腸症候群何かでも痛みを感じる場合もあります。

また、過去に何かしらの手術をそれら付近の部位で受けていた場合も可能性としてあります。

それらもないのであれば、

潤滑油が少ない

心理的なもの

こういったことが考えられます。

潤滑油が少ないケースは、更年期、パートナーと付き合いたて、ストレスや緊張といったことが考えられます。

⇒こうした媚薬を試してみては?

 

また心理的なものは、色んなことが引き金になって起こりますが、だからといってそうしたコトをカウンセリングしているセックスカウンセラーなどはおすすめしません。

高額なコトもありますし、病院などと違って、資格もない人が行っているケースがほとんどだからです。(もちろんまともにやってらっしゃる方もいます)

考え方として、私がそうだったのですが、心理面というよりも体質を改善するという考え方が重要かと思います。

心理的なものが理由な場合も、人それぞれ事情が千差万別ですし、何より大事なのが自分の身体を感じられる身体にして、自信を持つということだからです。

こちらでも言ってますが良ければ参考にしてみて下さい!

⇒私が不感症を治した方法です!

 

 

コメントを残す