膣トレの具体的な方法とは?

管理人の記事を見て、膣トレを実際にやってみたいと感じた方は多いのではないでしょうか?

一方で、ダイエットやらフェイストレーニングなどで挫折された方からすると少し心配もあるかもしれません。

でも膣トレはめちゃ簡単ですww

家でテレビを見ながら、通勤しながら、寝ながら、お風呂に入りながら・・・

といったものなので、是非やってみて下さい!

膣トレの簡単な方法

ココでは、様々な状況で行える膣トレーニング法をケースごとでご紹介します。

1,家でテレビを見ながら、通勤電車で行える方法

こんな風に、肩幅程度に足を広げます。

で、後はゆっくり息を吸いながら5秒間肛門や膣をぎゅっと締めて下さい。

でまたゆっくり息を5秒間吐きながら力をゆるめていって下さい。

これを5セットを1日3回程度行います。

60c0d0f2129e853b381f4ea0546c89ff_s

電車でもつり革を持ちながらやってみて下さい。

あまり無理して力まなくても効果があります!

2,仕事をしながら(座りながら)出来る方法

デスクワークをしている人でもちょっとした合間で実践できます。

なるべく背筋を伸ばしながら、肛門よりお腹の下よりに力を入れ、先ほどのようにします。

これも気が向いた時に1回3セットで3回などやって下さい。

21d7d1a48882b225d17092b9bbae394a_s

3,寝ながら出来る方法

08b023e4d96f9124974f31a28bd815df_s

このように寝転がり、膝を立てた状態にします。

そして、膣の方からお腹の方向へ吸い上げるように力を入れます。

これを5秒間息を吸いながら力をいれ、そして5秒間息を止めて維持します。

ゆっくり息を吐きながら力を緩めていきます。

これを5回やります。

また、短く早いテンポで膣を締めたり、緩めたりを繰り返すのも効果があります。

これを5回を1セットとして、5セットから10セット繰り返します。

4,道具を使ってより効率的に!

膣トレははっきりいって道具がなくても出来ます。

ただ、腕立て伏せや腹筋などと同じで、出来るけれど、鉄アレイや、バランスボールといったように道具を使うことでより効果的に、そして楽しく出来ます。

道具を使って、より効果的に、そして楽しく膣トレをしたい人はこちらで道具を紹介してますのでチェックしてみて下さい。

→管理人の厳選、膣トレグッズ!

 

 

コメントを残す